スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進角

こんばんは、Jigenです。

本日は、進角について。

一昔前であれば、進角はモーターでのみ
調整していましたが、最近は
ESCでも調整できます。
つまりは、モーターとESCの調整幅が
広がったわけで、その辺りを、
前回のサーキット走行で調べてみました。

なお、使用シャーシはTF6
使用ボディはMAZDASpeed6
モーターは、Yokomo Zero 15.5T
ESCはPOWERSの

ESC2011060500.jpg

XPS-Seriesを使用しました。
このESC、進角調整が0~40°まで可能で、
スロットル開度の周波数もセッティングできる
優れものです。
(周波数は用意されたプログラムから選択する方式です。)
その他の条件ですが…
バッテリー:Yokomo Lipo 5200
走行時間:8分
インドアサーキット:ハイグリップ路面

となります。

で、一般的に…

進角を増やすと、スピードは上がるが
トルクは下がる傾向にあり、発熱も多い

と言われていますが、
何でも試してみるのが、Jigen流!

って事で、以下のようなセッティングで
走行していました。

1:モーター進角:0度 ESC進角:0度 ギア比:4.91
まずは、基準を測るために走行しましたが
モーター温度もほぼ上がらず、タイムも
イマイチでした。

2:モーター進角:10度 ESC進角:0度 ギア比:4.91
進角がついた分、タイムが早くなりました。
モーター温度もちょっとだけ上がっただけなので、
まだまだ余裕があります。

3:モーター進角:0度 ESC進角:10度 ギア比:4.91
モーター進角よりも、低速時のトルクが
若干、少なくなった印象がありました。
モーター温度も変わらず、低めです。

ここまで検証して、まだまだ余裕があったので、
これらのセッティングをプラスしてみます。

4:モーター進角:10度 ESC進角:17度 ギア比:4.91
このセッティングでよく走行しているので、
まずまずの走りでした。モーター温度は75度前後です。

5:モーター進角:10度 ESC進角:17度 ギア比:5.61
ギア比の分、低速トルクがある感じでした。
また、タイム的にも、4とほぼ一緒でした。
モーター温度も60度前後です。

6:モーター進角:10度 ESC進角:24度 ギア比:5.61
5:の低速トルクをそのままに、タイプアップを望んだのですが、
逆に、低速の反応が鈍くなり、タイムも若干、下がりました。
モーター温度も80度を超える結果に…。

7:モーター進角:10度 ESC進角:17度 ギア比:4.56
低速のトルク減少も意外と少なく、
走りやすかったです。
タイム的にも問題なかったのですが、
モーター温度は80度前後でした。




う~ん、これだけ検証してみましたが、
よくわからないですね。^^;
ちなみに、今回の検証でタイムがよかったのは
4、5、7でした。

ESCの進角は、増やすと、どうやらトルクが
下がり易い印象があります。
また、発熱も増える傾向があるっぽいですが、
如何せん、データが少なすぎです。
また、もっとギア比を下げた場合等、
色々と試す必要がありそうです。



これは、また検証の日々が続きそうですね!^^


では。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

テストお疲れ様です。

袖スタのレースでもブースト禁止なのすが、
パワー系のセッティングは人それぞれですね~

僕の場合、エンルートのVR13.5Tというヤツを使ってますが、
モーター進角0°、電気進角26.25°(MAX)、ギヤ比3.89で回してます。
モーター側の進角を増やすと発熱具合が大きいので付けません。

この暑い時期はモーターの冷却対策が必須ですね~

No title

>ズッキー氏
ちわっす。
モーター進角ですか。今度、試してみます。
それにしても…ギア比3.89…。
すごいですね。^^;

プロフィール

JigenRC

Author:JigenRC
今日もニコニコRC!

最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。