スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V3

こんばんは、Jigenです。

本日は、TF6のメンテをしつつ、
アンプを、ホビーウイングV3に
積み替えてました。

ETC2012061700.jpg

重量が47gと、かなり軽くなってます。

前に積んでいたスピードパッションの
GT2.1は75g。
Yokomo BL-Pro2は、82.5g。

カタログ数値だけみても、軽いですね。^^

軽いだけあって、サイズも小さいです。
TF6に搭載するとこんな感じ。

ETC2012061701.jpg

かなりユトリがありますね。
横からみるとこんな感じ。

ETC2012061702.jpg

ファンとの隙間にキャパシターが
入るくらい、小さいです。
前に使っていたBL-Pro2と同じ位でしょうか。

ちなみに、今まで使用していたBL-Pro2は
21.5T仕様のTF6SPに搭載しています。

アンプも積んだし、後は練習あるのみですが…

うまくいけば、今週末、来週末と
サーキットにいけそうな感じです。

早く走らせたいですね。^^

では。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お、21.5ですか!

今日スタ1でずっと21.5やってたんですけど、結構面白かったですw

やりこみすぎてブーイングの嵐が・・・・アレでしたが・・・・・

No title

>キョン氏
お、いいですね~。21.5T。
来月は久しぶりにスタ1レース出れそうなので、
21.5Tとスタ1GP両方出ようかな…
と思ってます。

No title

僕もV3購入が濃厚です。
あのストレートスピードの差を見せ付けられると・・・

モーターの前にファン積まなきゃならないので、
サイズが小さくなるのは助かりますね。

No title

>ズッキー氏
V3ですが、パンチ、ブレーキの設定が、
指定%で2段階に調整できるのは魅力ですね。^^

私の場合、90%付近で2段階にわけようと
検討しています~。

こんばんわ。
ホビーウイングのV3ですが、そんなに他のアンプと差があるのでしょうか?

ノータイミングでも違いはあるのですか?

私は、スピードパッション 2.1で、JMRCAレギュなので、ノータイミングです。

たまたま見ちゃったので僕がレスをしてみます

全アンプをゼロタイミングとしたとき、理論的には内部抵抗値と周波数違いでのピックアップや僅かなKV値上昇位の差しか出ない‘はず‘です

V3はパンチモードの選択肢があるので、ブーストみたいに低速でパンチを出して高速域で落とすみたいな設定をすれば最高速が上がる場合があるようです。



しかし、V3のような機能を持たずに『速い』と言われるアンプも世の中には存在しています。

有名なのがスピードパッションなんですが、輸入元のトレスレイいわく、ホビーウィング&スピードパッションのno timing508プログラム以外の『現在配布されていない』古いプログラムは微弱ですが電気進角が付いているそうです。

ゼロタイミングを示すランプは点灯していますが、当然『ゼロタイミング、ノーブーストモードで使用せよ』というJMのレギュレーションに抵触しているため、トレスレイからスピードパッションユーザーの『何人か』にJMレースは必ず508を使ってくれとお達しがあったそうです。

↑みたいな論争の後、『テキンはトルクがある』とか『プラズマは伸びる』なんて情報が出るようになってきて、今年も『イタチゴッコ』になっている状態です。


長文失礼しました。

No title

>BD5氏
私も正直、よくわかってないんですよね~。
ただ、V3に関しては、軽量化もできるし
色々とセッティングできる感じなので、購入しました。
速さに関しては、これから検証します。

>キョン氏
レス、おおきにです~m( )m
V3ですが、まずは、二次予選のセッティングのまま
アンプのみの変更で色々と確認してみます。
プロフィール

JigenRC

Author:JigenRC
今日もニコニコRC!

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。